きょうのこんだて7杯目 5月2日(木・祝) @梅田Shangri-La 【出演】:tio/World Maps/shule And christmas/Shareboo(O.A)

きょうのこんだて 次回開催イベントevent

きょうのこんだて 7杯目

きょうのこんだて正方形

概要Info

日時 2019/05/02 (木・祝)
開場/開演 OPEN 17:30 / START 18:00
会場 大阪 梅田Shangri-La
チケット ADV 3,000円 / DOOR 3,500円 ※共にドリンク代600円別 各バンド取り置き予約、Shangri-La店頭販売・メール予約
きょうのこんだてHPメールフォームにて受付中!

2年振りの開催!過去2回出演してくれた「NABOWA」も在籍する京都のナイスレーベルbudmusicから「tio」、神奈川から”マウンテン・ポップ”を称し自然の中ではしゃぎたくなるようなサウンドを届けてくれる「World Maps」、歌を聴いているかのような心地よいサウンドが特徴とし、様々なジャンルをオーバーグラウンドに奏でる「shule And christmas」、そしてO.Aには先日初のレコ発を大成功で終えた新進気鋭のバンド「Shareboo」と、全組初登場のインストバンド4組を迎え、お腹いっぱいお届けします!

出演Artist

tio

tio

2008年、水谷真大(Gt/Pan)、新美耕介(AGt)、下田貢(Ba)、伊藤祐介(Dr)にて、三重県四日市で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンド。 これまでに4枚のアルバムをリリースし、ライブハウスはもちろん、カフェ、ストリート、野外フェスなど、様々なシチュエーションでライブを行っている。 自主企画イベント「NUMBER」を立ち上げるなど精力的な活動を続け、2017年には泉まくらや金 佑龍をフィーチャーし話題を呼んだ「AND」をリリース。「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」にも出演。 バンド結成10周年をむかえた2018年7月、3年ぶりのフルアルバム『Tiny Island Orchestra』をリリース。NAGOYA CLUB QUATTROでのワンマンライブを開催した。

World Maps

World Maps

大自然の中ではしゃぎたくなるような音を生み出す4人組のインスト・バンド。 ジブリやディズニーのサウンド・トラック、Snarky PuppyなどのJazz、 VulfpeckなどのFunk、Stevie WonderやJACKSON5などのR&Bに影響を受け、自らの解釈でインストというかたちで表現。 バンド名(世界地図)のごとく、自分たちのインスト音楽で世界にWorld Mapsを発信していくこと、バンド主催の野外イベントや世界中でのパフォーマンスの実現を目標とする。 大人も無邪気な子どものように、頭を空っぽにして楽しめる、まさにキャンプのマスト・アイテムに!

shule And christmas

shule And christmas

日本、関西を中心に活動中。 インストバンドなのに「歌」を聴いているような心地良いサウンド。 ロック、エモ、ポップ、エレクトロニカ、ジャズ、様々なジャンルを取り入れ、 オーバグラウンドに音を奏でる言葉の無いバンド。
ポップな人間性から生み出されるめくりめく世界観は、 多くの人を魅了する。 シュールとは、、、
「現実離れしたさま」、「普通の理屈では説明できないさま」、「難解で奇抜なさま」、 「幻想的なさま」、 「意外なさま」など、非日常的なものを指す言葉。
語源は、20世紀前半の前衛芸術運動であるシュルレアリスム(シュールレアリズム)から。

Shareboo【O.A】

Shareboo【O.A】

​関西を中心に活動する 若手3ピースインストバンド。 ラテン、フュージョン、ポップス、ポストロックなど、多種多様な音楽の要素を取り入れて ​Gt.大輝が創り出す音楽と Dr.陸が叩くリズムが合わさって出る Shareboo 独特のGroove が ​見る人を楽しませること間違いなし!

アクセスAccess

会場 梅田Shangri-La
住所 大阪市北区大淀南1-1-14
アクセス ※電車、徒歩でお越しの場合
ヨドバシカメラの北側をグランフロント方面へ
→北館と南館の間をスカイビル方面に進むと地下道にあたります→地下道をそのまま進み階段を上がって左へ
→ファミリーマートを越えてさらに直進→左手に見えるヤシの木の建物がシャングリラです。

※お車でお越しの場合
阪神高速11号線梅田出口を出て、左折→なにわ筋に差しかかり、「福島6」の交差点を右折→右手に見える公園を越え、「大淀南公園東」の交差点を新梅田シティー方向に右折。
TEL 06-6343-8601
URL 公式ホームページへ