こんにちは。
当日まで2週間を切り僕の中では「いよいよ」という感じになっているのですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
もう予約をされたという方は出演者の予習などでワクワクを膨らませているのでしょうか?
「まだ予約はしていないけど迷ってます…」なんていう方もいると思います。
という事でここからは出演者紹介!
まず1組目の今回は、名前も歌声もインパクト大!なこの人
■奇妙礼太郎

奇妙礼太郎(2).jpg
奇妙礼太郎(5).jpg

「大根!人参!ロックンロール!くよくよしようぜ!~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、のボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。 泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。
2012年7月18日、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、『桜富士山』Sakura Fujiyamaをリリース。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / わるいひと
奇妙礼太郎- California
TOKYO ACOUSTIC SESSION : 奇妙礼太郎 – 君が誰かの彼女になりくさっても
奇妙礼太郎 solo 2011.11.27 奇妙な森のコンサート 01

僕が奇妙礼太郎さんを知ったのは割と最近で一昨年の春でした。
たまたま観に行ったイベントに彼のバンド「奇妙礼太郎トラベルスイング楽団」が出演していたのがきっかけです。
名前はよく見かけることがあったので「あ、名前よく見る人や」ぐらいの感覚で観たのですが、観た後は「なんで今まで知らんかったんや!」と後悔するぐらい1回観ただけで人を惹きつける声と雰囲気があり一気に魅了されてしまったのを覚えています。
今回のイベントのフライヤーを置かせていただく為に色々なお店を回ったのですが、行く先々で「奇妙さんが出演するんですね~」というような反応をいただいたのも印象的です。
自分でイベントを開く時は最初に絶対奇妙さんに出演してもらいたいと考えていたので今回実際に出演していただけることになり本当に嬉しく思っています。
そんな今やどこへ行っても大人気な奇妙さんですが、今回初めて観るという方もいると思いますので彼の歌声に圧倒される心の準備をして楽しみにしていて下さいね!